難聴ときこえ



周りで話されていることが分からないと、孤立を感じるものです。 会話についていけず、討論や笑いの輪に入れないと、疎外された気持ちになり、孤独を感じます。  

あなただけではありません

難聴でお困りなのは、あなただけではありません。 65歳以上の3人のうち1人が何らかの形の難聴を抱えています。

難聴を経験するのは高齢者だけではありません。幼児期の病気、大きな騒音や音楽への暴露など、さまざまな要因によって若者も聴覚障害を起こすことがあります。 実は、すべての年齢の人々が対処をせずに難聴を経験しているかもしれません。さまざまな治療や対処方法があるので、行動を起こすのをためらう理由はほとんどありません。

難聴についてさらに詳しく

難聴の予防

この忙しい世界のすべての騒音を遮断することはできません。 現代の生活には、工事現場、交通騒音、コンサートでの大音響など、騒音の元がたくさんあります。

しかし、騒音への接触をコントロールすることはできます。 たとえば、コンサートや映画で大音量にさらされたり、芝刈り機のような騒々しい機械を使用したりする場合は、耳栓を使うことをお勧めします。騒がしい環境で働く人々は、雇用者に聴覚保護の提供するよう求める必要があります。

難聴にはどのように対処したらよいのでしょうか?

難聴だからといってライフスタイルを変える必要はありません。 現代の技術は、補聴器のように難聴に対処するさまざまな選択肢を提供しているので、聞こえ難さの垣根を越えて人生を謳歌することができます。

最先端の技術とデザインで設計された補聴器は、耐久性があり操作が簡単です。 日常的に使用することで、全く新しい方法であなたの周りの音を楽しむことができます。 
難聴の対処についてさらに詳しく
Small pair of ReSound hearing aids on a table.

周囲やご家族の方へ

難聴のある大切な人を助けるのは難しいかもしれませんが、できることがあります。それは、より良いきこえとより楽しい社会生活への道を開く助けとなります。
続きを読む

さまざまな難聴について

子どもの難聴

子どもの難聴は、すぐに行動を起こすことがより重要となります。

更に詳しく
加齢性難聴

加齢に伴い難聴が徐々に進行することがあります。

更に詳しく
重度難聴

重度の難聴は、あらゆる年齢でも発生する可能性があり、出生時に見られることもあります。

更に詳しく
耳鳴り 

耳鳴りはとてもイライラするものですが、苦痛を和らげるための対処法もあります。

更に詳しく

難聴の心配がありますか?

まずは耳鼻咽喉科医にご相談ください。補聴器については最寄りの補聴器販売店でご相談いただけます。
販売店検索