耳鳴り

電話で話している間、仕事のプレゼンテーション中、あるいは単に静かに座っているときなど、いつでも、どこでも、耳鳴りは起こります。 誰も聞こえない、音源がない騒音が聞こえます。 他の人には正確な音は分かりませんが、困っているのはあなた一人ではありません。世界の人口の10〜15%が定常的に感じている、最も一般的な健康状態の問題の1つである耳鳴りを経験するかもしれません。

耳鳴りとは何ですか?

耳鳴りはあなたの耳の中で、あなただけが聞こえる共鳴音、クリック音または「キーン」「シー」のような音と表現されます。耳鳴りの音の種類と強度は人によって異なり、異なる方法で体験するかもしれません。高い音、太い音、低い音、または変化する音色の場合もあります。

音の強弱や長短に関わらず、耳鳴りはあなたが聞きたいことに集中するのを妨げる可能性があります。

耳鳴りの原因

耳鳴りは、あらゆる年齢および環境の人々に発症する可能性がありますが、年齢を重ねた人や騒音にさらされている人は特にリスクがあります。

考えられる耳鳴りの原因:

  • 大音響の音楽、工事の騒音、または銃声への暴露
  • 耳、首、頭部の負傷に対する投薬の副作用
  • 加齢
  • 神経学的障害
  • 中耳の骨の変性
 
更に詳しく

耳鳴りと難聴

耳鳴りのある人の80〜85%は、おそらくある程度の難聴も持ち合わせています。
 
実際、難聴は耳から脳に送られる信号に影響を与える可能性があります。 これらの信号の低下は、耳鳴りの発症につながります。 耳鳴りは難聴の原因ではありませんが、知覚される音は気を散らし、他の音に集中するのを難しくします。そのような理由から、耳鳴りによる苦痛を軽減させるために、補聴器が使われる場合があります
 
耳鳴りは、さまざまな形で現れます。
 
耳鳴りのタイプ

耳鳴り治療

耳鳴りはイライラさせたり、家族、友人、日常の必要条件に集中できなくさせたりすることがあります。 ほとんどのタイプの耳鳴りには治療法はありませんが、耳鳴りを緩和させるために補聴器やアプリケーションを使うことがあります。

サウンドセラピーは、耳鳴りを背景雑音としてみなせるように脳をトレーニングするために、外部から音を取り入れます。 


暗闇の中のロウソクの灯りを想像してみてください。ロウソクと暗闇のコントラスとがハッキリしているので、ロウソクはとても強調されて明るく見えます。しかし、明るくて活気に満ちた部屋にある同じロウソクは、背景に溶け込んでしまい目立ちません。同じことが耳鳴りにも当てはまります。 外界から音を聞かせることは、耳鳴りがそのような音と交じり合って目立たなくなり、耳鳴りを気にならなくさせます。

耳鳴り治療のオプション

耳鳴り管理プログラム

耳鳴り管理プログラムは、日常生活上で重要な他の事柄に焦点を当てることを学び、耳鳴りによる脳の邪魔を少なくするようにトレーニングすることを目指します。

耳鳴りを完全になくすことはできませんし、迅速な解決策はありません。 しかし、耳鳴りのことを熟知した耳鼻科専門医の助けを借りれば、正しい目標を設定して、耳鳴りに対処する方法を教えてもらえます。 それは時間を要しますが、耳鳴りを上手くコントロールすることによって、より快適な生活を取り戻せることに繋がるでしょう。

あなたの耳鳴りが他人と異なるように、治療法も一人ひとり異なります。