難聴を理解する

難聴は大きな音や拍手にさらされた場合に突然起こることがあります。また、加齢に伴う難聴のように、長い時間をかけて徐々に進行するタイプもあります。 難聴を理解することは、難聴に対処するための大切な第一歩です。
 

難聴とは何でしょうか?

難聴は、特定の音を聞く能力を失ったことを意味します。女性や子供の声のような高い音を聞くことができない場合もあります。 また、複数人が会話をしている状況では、一人の声を選ぶことができないこともあります。
 
難聴は、大音量のコンサートの後に起こる耳鳴りのように一時的な場合もありますが、ほとんどの場合、聞き取りの器官が損傷を受けているため、永続的です。

難聴のレベル

難聴はレベル*に応じて、軽度、中等度、高度、重度の4つのカテゴリに分類できます。 ビデオをご覧になると、4つのレベルをより理解いただけます。

*世界保健機関、2016年

軽度難聴

小さい声や騒がしい所での会話が聞き取りにくい

中等度難聴

普通の会話でよく不自由を感じる。相手との距離が近づかないと会話が聞き取りにくい

高度難聴

耳元に口を近づけないと大声でも聞き取りにくい
続きを読む

オージオグラムとは何ですか?

オージオグラムはあなたが聞こえる周波数や音の大きさを明示したもので、一般には耳鼻咽喉科の専門医によって検査されるものです。あなたの難聴タイプ、引き起こされる問題やその対処方法がおおよそ分かります。補聴器専門家が補聴器の調整の為に聴力測定を行い、その結果を分かり易く示したものがオージオグラムです。
 

さまざまな難聴について

難聴の兆候

難聴の最も一般的な症状の1つは、女性の声などの高い音が聞こえ難くなります。

その他の兆候

難聴の原因

難聴の原因は騒音、投薬の副作用、感染または老化など、さまざまです。

その他の原因

難聴の種類

難聴にはさまざまな種類があります。難聴の診断は耳鼻咽喉科医が行います。

更に詳しく

難聴への対処

特定の種類の難聴は医学的に治療することができますが、治療できないものもあります。

補聴器での対処

難聴の心配がありますか?

まずは耳鼻咽喉科医にご相談ください。補聴器については最寄りの補聴器販売店でご相談いただけます。
販売店検索