IIC

極小耳あな型

 IICはオーダーメイドタイプの中では最も小さなタイプです。耳あなの奥深くに収まるので、横からもほとんど見えません。人間の耳が持つ集音効果を最大限に生かした自然なきこえを再現します。

CIC

超小型耳あな型

超小型耳あな型はオーダーメイドタイプの中では最も小さなタイプですが、ボリュームコントロールや環境に合わせてプログラムを変更するためのプログラムボタンなどのオプションも用意されています。補聴器を少しだけご自分で調節したいと思われる、軽度から中等度の難聴の方に人気があります。

ITC

小型耳あな型

小型耳あな型はオーダーメイドタイプの中で最も一般的な形状です。

デュアルマイク(指向性)など、より多くのオプションが用意されています。また、スマートフォンに接続したり、電話や音楽を補聴器に直接接続できるワイヤレス機能を利用できます。
 

ITE

耳あな型

耳あな型はオーダーメイドタイプの中で最も大きな形状ですが、重度難聴までをカバーし、両耳連動、ワイヤレス接続、MFiなどの高度な機能のほとんどを利用できます。

このタイプはハーフシェルとフルシェルの2サイズがあり、ハーフシェルは大きめの小型耳あな型のように見えます。
 

MIH

外マイク耳あな型

外マイク耳あな型はリサウンドだけが提供する独自の形状です。効率的に音を集めるようにできている人間の耳の形状と機能を活用し、最も自然な音質を提供するように設計されています。

音声を集める部分(マイク)を筐体から取り出した外マイク耳あな型は、いくつかの利点があります。

•筐体の小型化が可能
•風切り音を大幅に低減
•音声を集めるマイクと音を出力するレシーバの距離が、通常の耳あな型よりも離れているため、ピーピー音(ハウリング)が発生しにくい
 

補聴器に興味をお持ちですか?

今すぐ行動できます。最寄りの補聴器販売店を探すお手伝いをします。
販売店検索
ReSound hearing care professional interacting with a patient during an appointment.