加齢性難聴

加齢性難聴は、軽度から中等度の難聴に分類されることがよくあります。 軽度難聴では小さな音、遠くからの音、背景に騒音のあるところでの会話の聞き取りと理解が難しくなります。中等度難聴の人々は、近距離であっても、普通の会話で不自由を感じます。

加齢性難聴とは?

加齢に伴い難聴が徐々に進行することがあります。 これは、高齢者が影響を受ける最も一般的な状態の1つです。 年齢に関連した聴力低下は、ほとんどの場合、両耳で発生し、喪失は徐々に進行するため、聞く能力の一部を失ったことに気づかないかもしれません。

加齢性難聴の原因

加齢性難聴と他の理由で起こりうる難聴との区別が難しい場合があります。 人の聴力低下に関係する原因は複数ある可能性があります。
 
騒音性難聴は、強大音やあまりにも長く続く音に長期間さらされることによって発生します。これにより、きこえに関わる、耳の中の感覚有毛細胞が損傷することがあります。 これらの有毛細胞はいったん損傷すると、再生することはなく、聴力は低下したままです。
 
高齢者に多い高血圧や糖尿病などは、難聴の原因となります。耳の感覚細胞に有害な薬物(例えば、化学療法薬)も、難聴を引き起こす可能性があります。 
難聴の原因についてさらに詳しく

違いに気付いたことがありますか?

難聴は、騒がしいレストランで大切な人との会話を聞き逃したり、好きなテレビ番組をしっかりと聞くことができるように音量を上げたりし始めることで、気付くかもしれません。難聴の方にとって安全が問題となることもあります。 騒がしい街を歩いている時にすぐ後ろの車の音が聞こえないことや、家庭の火災警報が聞こえないことを想像してください。

難聴はあなただけの問題ではありません

難聴を伴うことで、あなただけでなく周囲の人々もイライラすることがあります。ご自身とは違う視点で、周囲の人々があなたを見始めるかもしれません。 あなたはひきこもり始め、自信を失い、特にグループの中で他人から孤立していると感じるかもしれません。 おそらく、仕事を満足に管理することが難しいと感じるかもしれません。 

早いほど良い効果が期待できます

私たちは音を脳で聞いています。音が届かない状態が長くなれば長くなるほど、音を聞く能力を再び身につけるのもより困難になります。

一般に、視力は定期的に検査をしますが、聴力はいかがでしょうか? 50歳になるまでは10年ごと、50歳以降は少なくとも3年ごとに定期的な検査を受けることをお勧めします。耳鼻咽喉科で聴力検査を受けると、難聴があるかどうかを知ることができます。補聴器の装用を進められた場合は、補聴器専門家にご相談ください。

販売店検索