大切な人への配慮

もし、大切な人が難聴であった場合、より良い生活を送れるように手助けすることができます。 難聴を受け入れることは非常に難しく、長い間無視してきた可能性があります。それはしばしば個人的な問題と思われ、非難され、恥ずかしい思いをし、肉親がどのようにしたら手助けになるのかを知ることは容易ではありません。 難聴は本人だけでなく、周囲の人々の生活の質にも大きな影響を与えます。対処が早いほど良い効果が期待できます。 

難聴の人を助ける

大切な人が難聴になる可能性があると思われますか?

以下のことは、難聴の初期の兆候である可能性があります。

  • 絶えずその方に大声で話す必要がある
  • 会話が一部聞こえていないように感じることがある
  • テレビの音量が大き過ぎてうるさいので、下げるように頼むことがある
  • 周囲がうるさいときに、その方が会話に関わるのに苦労しているように感じる
難聴の兆候についてさらに詳しく

難聴は受け入れにくいもの

多くの人々が、聴力が以前ほど良くないという事実を受け入れるのに苦労します。 難聴は恥ずかしいように思えるかもしれませんし、老化や衰弱の徴候かもしれません。 しかし、聞き取れないことは、人間関係、健康、生活の質に悪影響を及ぼすことがあります。

あなたが最も動揺するのは、大切な人が聞き取れないことで、引きこもりを始めることでしょう。 人格の変化に気づくことがあるかもしれません。 

行動する

難聴への対処が遅れれば遅れるほど、問題は大きくなる可能性があります。

難聴の人の手助けをするのは難しいかもしれませんが、より良い聞き取りの改善で、もっと楽しい社会生活が送れることを示すことが助けとなるでしょう。

お困りの方が近くにいらしたら

難聴を抱える人にとって大きな難関の1つは、適切なサポートを見つけることです。

あなたにもいくつかできることがあります:

  • 気にかけていることを伝える
  • 耳鼻科の予約を取り、希望があれば一緒に行くと申し出る
  • ビル・クリントンのような補聴器を使用する多くの著名人について伝える
  • インターネットで「補聴器」について調べ、補聴器の小ささや有効性を見せる
  • 難聴に対処することは大きな効果があることを気付かせる。そのメリットは大きく、デメリットの心配はありません
  • 時間を与える。難聴を受け入れることは難しいかもしれません
  • 難聴について理解を示し、そしてあきらめないこと