abouthearingloss_1300x650px

難聴について

難聴は一般的に、加齢と結びついています。したがって、歳を重ねるほどに難聴になるリスクは増します。驚くほど多くの人々が、一般的に考えられているよりもずっと若いうちから難聴になっています。街中、工場、音楽そしてテレビなど、騒がしい環境はどのような年齢であっても、難聴を引き起こす原因となります。

難聴は珍しいことではありません

世界中で難聴にお悩みの方は5億人以上いらっしゃいます。あなたがその中のお1人かもしれません。もしそうであるならば、補聴器が聞き取りの一助となり以前のような生活が送れることでしょう。

難聴への対処

医学的な治療が困難な場合、補聴器を装用することが一般的な解決方法となります。補聴器を着けると、生活はどのように変わるのでしょうか?もっと自信を持って仕事ができたり、友達や家族と一緒に映画や音楽、テレビを楽しむことができたりします。人は、五感すべてを使って生きているということを再認識させてくれるでしょう。

何時から始めるとよいのでしょうか?

厳しい決断は遅らせたいものですが、早目に対処すれば、それだけ早く補聴器にも慣れることができます。
脳への言葉の刺激が少なくなたまま放っておくと、ますます言葉の聞き取りが苦手になってしまいます。
脳が苦手になってから補聴器を着けても効果が出にくいので、そうなる前に補聴器をお使いになられることをお勧めします。

最近の目立ちにくい補聴器

今日の補聴器は十分な性能を備えながらも、見た目にほとんど影響を与えないほど小さく、快適です。実際にほとんどの人は、補聴器を着けていることさえ気付かないでしょう。

補聴器の購入

補聴器販売店では専門のフィッターがカウンセリングや補聴器の調整を行います。場合により異なりますが、通常1時間~1時間半程度かかります。一度購入されると、少し聴力が変化した場合も、調整することによって同じ補聴器で対応することができます。

言葉はどれも大切だから

難聴をお持ちのお子さんの多くは補聴器が役立ちます。