Android™端末とダイレクトに接続。一日中、手軽にストリーミングが可能。

リサウンド・リンクス クアトロとAndroidスマートフォンをBluetooth®で連動。

どのように実現させたのでしょうか。 

GNヒアリング、Googleおよびコクレア社は、無線通信技術「Bluetooth Low Energy*」を採用し、Android端末からダイレクトにストリーミングを楽しむことができる世界初の補聴器と人工内耳を開発しました。

リサウンド・リンクス クアトロは、GNヒアリングの補聴器ブランド「リサウンド」の最上位モデルです。

Man holding bluetooth hearing aid Android

Androidスマートフォンや端末が難聴者にどのように役立ちますか。

リサウンド・リンクス クアトロなどのBluetooth対応補聴器装用のAndroidユーザーにBluetooth Low Energyを採用した新しいストリーミング技術を提供します。世界のモバイルユーザーの75%がAndroidスマートフォンやAndroid端末*を使用しています。難聴でお困りの方々が生活の質を高める手助けとなる技術を手軽に利用できるようなりますに。
Man holding bluetooth hearing aid Android.

どのようなメリットがありますか。

音楽、通話、その他の音声をAndroid端末からリサウンド補聴器にダイレクトにストリーミング可能です。端末と補聴器を接続するための中継器は不要です。Bluetooth Low Energyを採用しているため、電池の持ちがよく一日中ストリーミングを楽しむことができます。従来のクラシックBluetoothによるストリーミングとは大きな違いです。
Man holding bluetooth hearing aid Android

Androidについて

Androidとは何ですか。
Androidはどれくらい利用されているのですか。
すべてのAndroid端末から補聴器にストリーミングできますか。 
難聴者はどのくらいいるのですか。
iPhoneを持っています。直接補聴器に音楽や音声をストリーミングできますか。
GNヒアリング、Google、コクレアが提携した経緯を教えてください。  
この連携は補聴器ユーザーにとってどのような意味がありますか。 
 Android端末から音声をストリーミングするにはどうしたらよいですか。
リサウンド・リンクス™、リサウンド・リンクス²™、リサウンド・リンクス3D™で Android端末からのストリーミングは可能ですか。
難聴治療についてはかかりつけ医または耳鼻咽喉科医にご相談ください。症状に応じた最適な対処法を知ることができます。製品の使用にあたっては、耳鼻咽喉科医または補聴器専門家の指示にしたがってください。国によって一部ご利用いただけない製品があります。 

*互換性およびデバイスの詳細はこちらをご覧ください。 cochlear.com/compatibility  resound.com/compatibility
i: Statcounter Global Stats: 世界のモバイルOSシェア(2019年4月): http://gs.statcounter.com/os-market-share/mobile/worldwidehttp://gs.statcounter.com/os-market-share/mobile/worldwide (2019年5月21日アクセス時点)
ii: 難聴とは、500Hz〜4000Hzまでの聴力レベルが25 dB以上の状態を指します。(WHO基準)。 
iii: WHO: 失聴および難聴(2019年3月)  https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/deafness-and-hearing-loss.  (2019年6月13日アクセス時点)