耳あな型補聴器とは?

あなたの耳にフィットするように耳型を取り、あなた専用に作られるオーダーメイドの補聴器です。
補聴器には多くの種類がありますが、耳あな型補聴器は世界でひとつだけです。耳あな型補聴器は、個人のきこえのニーズ、耳の形状、大きさ、構造に合わせたオーダーメイド品です。最も小さな耳あな型補聴器は、耳に入れるとまったく目立たず、ほとんど見えません。
 

カスタマイズと多様性

現在の社会では、カスタマイズはあらゆる体験において重要です。タイプ、フィット感、機能、色、特性など、さまざまな面をカスタマイズできると、すべてが真に個人向けだと感じられるようになります。現在、この程度のカスタマイズは、補聴器でも、特に耳あな型補聴器では可能です。
耳あな型補聴器の魅力は、さまざまな生活音を届ける一方で、補聴器装用者自身のきこえ、およびライフスタイルに合うようにオーダーメイドで作られるということです。  

耳あな型補聴器の長所

最新の補聴器が持つ便利な機能が、小さな筐体内に集約されています。

豊富なタイプとカラーバリエーション

オーダーメイドの耳あな型補聴器では、タイプとカラーを広い範囲から選択できます。タイプの選択はライフスタイルや難聴の程度により制限されます。

自然の風切り音の抑制

耳の外側部分(耳介)はある種の風よけとして働き、風切り音から耳を遮蔽するのに役立っています。オーダーメイドの補聴器は耳の中に置かれるので、この生まれながらの遮蔽構造が活用されます。

完璧な聴覚サポートの選択肢

最も完璧な聴覚サポートといわれる耳あな型補聴器は、リサウンドのアプリとアクセサリーを用いることで、形状も操作も思いのままです。リサウンドの補聴器をさりげなく簡単に制御したい場合は、リサウンド・スマート3Dアプリ™ がよい選択肢です。
リサウンドアプリの詳細はこちら

使いやすさ、快適さ、オーダーメイドのフィット感

耳あな型補聴器は、1日中快適に装用するために、耳の中に目立たずに設置できるようにオーダーメイドで作られます。軽量で人間工学的、そして一体化されているため、挿入、装用、取り外しが簡単です。この種の補聴器は、活動的な人にとって理想的で、眼鏡の邪魔になりません。補聴器は、あなたのためだけにカスタマイズできます。

自然の音とカスタマイズ後の音

耳あな型補聴器は直接耳の中に置かれるので、耳の本来の構造を利用して音を集めることができます。リサウンドの補聴器など、一部の耳あな型補聴器は、優れた音質を特徴としており、あなたにぴったりのきこえ体験を提供します。例えば、補聴器があなたの音環境をモニターし、それぞれの音に最も自然な設定へ自動的に切り替わることが可能になっています。これは、周囲の他の音(360°のサウンドスケープ)に気を配ったままで、特定の音に集中できることを意味します。

機器との接続性とBluetoothによる接続性

耳あな型補聴器の多くには、人気の高いスマート機器との連結やBluetoothワイヤレス接続による接続性とオプションが用意されています。例えば、リサウンドの補聴器は、Apple®製品とともにシームレスに動作し、直接のワイヤレスストリーミングを提供します。革新的なワイヤレス技術のおかげで、音声や通話を、互換性のあるiPhone®、iPad®、iPod touch®、またはAndroid端末から補聴器へ直接ストリーミングできます。

耳あな型補聴器の耳型

あなたの耳あなにぴったりな補聴器を制作するための"耳型の採型"

耳あな型補聴器制作の最初のステップは、耳型を作ることです。
この作業は専門家が行います。

リサウンドなど、一部の補聴器メーカーでは、耳型を作るときに特に高精度なデータを得るために、聴覚ケア専門家が耳の3Dスキャンを行えるようにしています。 


他に広く使用されている方法には、耳型を手によって採取する方法があります。この場合は、耳の穴の中と周囲にシリコンを注入します。奇妙な感触があるかも知れませんが、痛くはありません。シリコンを取り除くと、その耳特有の構造の形が転写されます。 


次に、耳あな型補聴器用の耳型(3D スキャンまたは印象材)は、それぞれ電子メールまたは郵送で、特定の補聴器メーカーの製造工場へ送られます。 
この段階で、3Dプリンターを使用して、耳あな型補聴器用の耳型が複製され、補聴器の「器」ができあがります。次に、重要な技術要素がすべて、注意深く内部に置かれます。
 

 

耳あな型補聴器の種類

さまざまな種類の入手可能なカスタム補聴器の詳細を知り、自分に合ったタイプを見つけましょう。

極小耳あな型(IIC)
極小耳あな型の補聴器は、最も小型です。外耳道の中に目立たないように設置されるので、目にはほとんど見えません。軽度から中程度の難聴を抱えている人が、特に目立たない補聴器を探している場合は、このタイプが完璧なソリューションとなるでしょう。
超小型耳あな型(CIC
超小型耳あな型のオーダーメイドの補聴器も小型ですが、極小耳あな型よりもわずかに大きくなっています。これは、さまざまな音環境に適するようにボリューム制御やプログラム変更など、音をカスタマイズするためのオプション機能を置く場所を作るためです。そのため、軽度から中程度の難聴を抱えている人が、補聴器をもう少し制御したいと考えている場合は、超小型耳あな型の補聴器が適するでしょう。
小型耳あな型(ITC)
小型耳あな型のカスタム補聴器は、オーダーメイドの補聴器の中で最も人気のあるタイプです。注目したい音を聞くと同時に、周囲の音にも気を配れるように、デュアルマイクなど、さらに多くのオプションが用意されています。小型耳あな型の補聴器はワイヤレス機能も搭載しているので、スマートフォンと接続して、電話の通話や音楽を耳へ直接ストリーミングできます。
耳あな型(ITE)
耳あな型のカスタム補聴器は最も大型で、重度難聴を含め、あらゆる種類の難聴に対応します。そのため、両耳間通信(右用と左用の補聴器がワイヤレス信号を通して互いに接続)など、最も高度な機能を搭載しています。ワイヤレス接続も利用できるので、音や通話を、さまざまなiOS®機器やAndroid™機器から補聴器へストリーミングできます。
外マイク耳あな型(MIH)
外マイク耳あな型のカスタム補聴器はあらゆるタイプの難聴に対応する独自のソリューションで、リサウンドだけが提供しています。外マイク耳あな型の最大部分とコンピュータ化された「頭脳」は耳の中に置かれ、マイクは耳の内側の縁(シンバと呼ばれる部分)の下に目立たないように置かれ、両者は透明のチューブでつなげられます。リサウンドの外マイク耳あな型補聴器は、マイクが補聴器から離れているおかげで、自然な音質とさらなる利点をもたらします。デザインは小型で、補聴器全体が、風切り音やピーと鳴る不快な音(ハウリング)を抑えるための完璧なソリューションとなっています。
きこえのチェック 
”きこえのチェック”では簡単にご自身、ご家族や親しい方のきこえの状態について約3分で簡単にチェックできます。
きこえのチェックへ

リサウンドの耳あな型補聴器

リサウンドの特長

リサウンドの耳あな型補聴器を使用すると、まさに、自分だけの耳にフィットするように作られた補聴器が手に入ります。リサウンドでは、ユーザーの難聴と耳の構造に合わせて仕立てられた、目立たずに使いやすい補聴器を作るために、熟練した職人技と結びついた高度なデジタル技術を使用します。

自分に合った耳あな型補聴器をどう選ぶか?

耳あな型オーダーメイドの補聴器を検討中の場合は、専門家を探すことが次のステップです。専門家は、聴力の状態を測定し、あなたに合うタイプを選び、耳あな型補聴器用に耳型を作成することができます。当然のことですが、タイプ、機能、難聴に応じてさまざまな補聴器があり、それぞれの価格も異なります。これらの要素すべてを検討して、完璧な補聴器を見つけるには、専門家の助言が非常に役に立ちます。
お近くの販売店検索はこちら