耳鳴り治療

耳鳴りの治療法はあまりよく知られていませんが、いくつかのタイプの耳鳴り対処方法があります。 いくつかの治療法は子どもだましのようなものですが、以下のアプローチは、多くの耳鳴りに苦しんでいる人々に成功をもたらしています。

サウンドセラピー

サウンドセラピーとは、厄介な耳鳴りに被せて聞かせる外部騒音や信号音を利用することです。これには、ホワイトノイズ、特殊なマスキングノイズ、低音量の音楽、または独自のカスタマイズされたサウンドもあります。 
 
補聴器の中には、サウンドジェネレータの機能を有しているものもあります。 耳鳴りと難聴はしばしば結びついているので、耳鳴り治療に補聴器が利用されることもあります。 

耳鳴りへの対処

ほとんどの耳鳴り対処方法は、他の音や重要なことに集中することを学び、耳鳴りによる脳の混乱を少なくするように、脳に教えることを目指しています。 耳鳴りが背景音に紛れると、耳鳴りを患っている人は、より人生の重要なことに集中できます。

ストレスと不安への対処

耳鳴りとストレスが悪循環を形成する可能性:耳鳴りは、耳鳴りを悪化させるストレスを誘発する可能性があります。
 
心地よい/落ち着きのある音を聞くことや、運動、瞑想のような抗不安によるストレス対処法は、耳鳴り治療の有効な手段となり得ます。

時間がかかります

耳鳴り治療の効果はすぐには現れません。耳鳴りをコントロールするには、時間と労力が必要です。
 
専門医から提案された技術と手法を受け入れ、日常生活に取り込む必要があります。忍耐強く取り組んでください。
データで見る補聴器の世界「補聴器と健康の関係」