耳鳴りのタイプ


耳鳴りはごく一般的な症状ですが、人によって耳鳴りは少しずつ異なります。 さまざまなタイプの耳鳴りがあり、あなたの耳鳴りが以下に当てはまるかもしれません。
 

自覚的耳鳴

自覚的耳鳴りは最も一般的なタイプの耳鳴りで、本人だけが聞こえるものです。ほとんどの人はこのタイプの耳鳴を経験しています。自覚的耳鳴は聴覚系に障害のある場合、典型的な副作用として現れます。これは、脳内における音の処理に影響する部分の異常反応によって起きるとされています。大きな騒音の暴露によって引き起こされることもしばしばあります。
 
現れては消え、長さや強度が変わる可能性があります。耳鳴りが生活上、他の音より感覚的に上回ることで、必要な音に集中することが困難になり、多くの人々にとって葛藤となります。

今日までこの自覚的耳鳴の根本的な治療法は見つかっていませんが、様々な耳鳴り対処プログラムを用いることでその耳鳴りの苦痛度を和らげる(気にならなくさせる)ことができます。
近年では、そのようなプログラムの1つとして、耳鳴りの音から気を逸らす目的で、ノイズジェネレータや、補聴器をより積極的に活用いて周りの必要な音を脳に入れる音響療法が多く適応されています。また認知行動療法、自律訓練法や各種の薬物療法なども必要に応じて利用されています。
 

体性耳鳴

体性耳鳴は、身体的な動きや接触に関連する耳鳴りの一種です。耳や頸部の筋縮または他の機械的な原因によって発生する可能性があります。 サウンドセラピーは体性耳鳴に適用される場合がありますが、マッサージ療法などの他の対処技術も役立つことがよくあります。

枕や顕微鏡を見る動作による首の捻りは、体性耳鳴りの原因となります。埋伏智歯のような歯の問題も、このタイプの耳鳴りを引き起こす可能性があります。

体性耳鳴は、感覚的/神経学的原因ではなく、より他の器質的な要因によって引き起こされる耳鳴りを意味します。 ときには耳鳴りの器質的原因が他の人に聞こえることがあります。

他覚的耳鳴

これは稀なタイプの耳鳴りの一つで、通常は聴診器を用いて観察者が聞くことができる唯一のタイプです。他覚的耳鳴は、しばしば心拍と同期して発動します。
 

耳鳴りに対処する

耳鳴りの症状は人それぞれですが、あなただけが困っているわけではありません。 人口のおよそ15%は耳鳴りを患っています。 希望を捨てないでください - 耳鳴り対処方法は、耳鳴りによるストレスや不安を和らげる手助けとなります。
耳鳴りの治療