耳鳴りの原因は何でしょうか?

耳鳴りは気が散る音で、本人だけが分かります。 音の中でも、キーン、ブンブン、カチカチ、ジーなどと表現されます。それは継続することもあれば、すぐに消える場合もあります。耳鳴りは病気ではなく症状であることを覚えておくことが重要です。 だからと言って腹立たしいものであることに代わりはありません。 

耳鳴りの原因

耳鳴りにはさまざまな原因があります。

  • 加齢:ある種の耳鳴は、加齢に伴う聴力低下と関連しています。 年を重ねるにつれて、耳の神経線維に伝わる信号量が減少し、耳鳴りに関連する難聴の問題を引き起こす可能性があります。
  • 大きな騒音:最も一般的な耳鳴りの原因の一つは大きな騒音です。 大音量の音楽、銃声や爆発音、建設や園芸機械からの大きな騒音に曝された後は、耳鳴りに悩まされることがあります。
  • 耳あか:時には耳あかの詰まりが耳鳴りの原因となることがあります。
  • 投薬:一部の投薬は副作用として耳鳴りを誘発するとされています。
  • その他:上部呼吸器感染症やjap popping joint (TMJ)障害も耳鳴りの原因となります。

耳鳴りの症状

耳鳴りは突然、発生することがあり、消えたかと思うと、またぶり返すことがあります。

絶え間無い不快な騒音に加え、ストレス、睡眠の問題、不安またはうつ病を引き起こす場合もあります。そのすべてがあなたの耳鳴りを悪化させる可能性があります。

だからこそ耳鳴り治療専門家と話をして、耳鳴りに対処することが重要です。補聴器を利用した耳鳴りの治療は、耳鼻咽喉科医の処方の下で行われます。

耳鳴りの悪化を防ぐ方法

耳鳴りが予想以上に不快であれば、否定的な反応につながる可能性があります。 これは悪循環を引き起こす可能性があります。 耳鳴りを感じると、欲求不満、不安、不幸などの感情を促すこともあります。これらは、不安やストレスなどの身体反応を引き起こし、さらに耳鳴りを増強し、悪循環を続けさせます。

悪循環を断ち切るには: 

1. 耳鳴りの初期段階の発生
2. 耳鳴りに対する意識の増加
3. ネガティブ反応
4. 耳鳴りへの注意の増加
5. 耳鳴りのぶり返し
6. 耳鳴りの対処

耳鳴りに対処する

ストレスと不安は耳鳴りを悪化させる可能性があるので、耳鳴りを悪化させないためにこれらの状態に対処することが重要です。 十分な睡眠を取ること、喫煙をやめ、適度な運動をすることは健康全体に良いことであり、耳鳴りに対抗するのに適しています。

特定の背景音によるサウンドセラピーも役立ちます。
耳鳴りの悪循環を断ち切る