難聴初期の兆候はどのようなものですか?



難聴はしばしば徐々に進行します。家族や同僚は、ご自身が気付くより前に、あなたの難聴を感じているかもしれません。

難聴の兆候

  • 周りの人がボソボソ話しているように聞こえたり、聞き返しが以前より増えたりしていませんか?  
  • レストランのような騒々しい場所で、1対1の会話を理解するのが難しくなっていませんか?
  • 別の部屋から話しかけられると聞き取れなくなっていませんか?

これらは、難聴の最も一般的な兆候の一例です。 

難聴のきこえ方を体験

よくある日常的な状況で、さまざまなレベルの難聴を体験いただけます。

  • 健聴
  • 軽度難聴
  • 中等度難聴
  • 重度難聴

難聴の症状

難聴は、大音量にさらされた後、ある種の薬の副作用、またはけがによって突然起こる可能性があります。 突発的でないものは、発症は遅くなります。

難聴の最も一般的な症状の1つは、女性の声のような高音や、「さ(SA)」と発音する時の「S」のような子音の聞き取りが難しくなります。「さかな(魚)」や「たかな(高菜)」のような言葉が突然聞き分け難くなります。

自然の音も消えてしまったように感じます。鳥の歌声や屋根の雨音が聞こえなくなったら、これも一つの難聴の兆候かもしれません。 

難聴は人間関係に影響を与える可能性があります

難聴の症状は、同僚や家族に誤解されることがあります。 話していることにすぐに反応しないと、あなたは注意を払っていないと思われたり、他の人の意見に興味を持っていないと思われたりするかもしれません。

難聴を放置したまま生活していると、社会的な行事は楽しくありません。 背景に騒音が多いときに何か言われても、理解するのは難しいでしょう。 他人が喜びに満ちた笑いの輪を経験しているのを見て、何が面白いのか理解できないと、自信を無くしてしまうこともあります。
難聴の原因について続きを読む

補聴器専門家に相談する

後回しにせず、少しでも早く行動を起こすことが重要です。 時間が経つと、脳は特定の音を聞く方法を「忘れる」ことがあります。 難聴は認知症の危険因子の1つと言われています。

難聴の徴候がある場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科医を受診してください。音声を聞くことで人生を豊かにできる、さまざまな対処法があります。
 
補聴器専門家を探す