どうして難聴になるのでしょうか?

難聴の原因はさまざまです。 騒々しい機械、大音量の音楽、爆発音、オートバイや飛行機のごう音など、周りの世界からもたらされるものもあります。 投薬や耳感染症の副作用など、私たちの体内から派生するものもあります。 しかし、難聴の最も一般的な原因は、老化と関係があります。

難聴の原因

多くの人が、50歳前後でいくつかの音を聞く能力が衰え始めたことに気付きます。これは、蝸牛(内耳にある、らせん状の筒)の有毛細胞が、加齢と共に損傷するからです。

しかし、難聴の他の原因は、人生の早い段階で影響を与える可能性があります。 時には、耳の感染症または他の医学的な要因で難聴を引き起こすことがあります。 環境的要因としては、花火や機械などの大きな音から化学療法や投薬副作用に至るまで、聴覚に影響を与える可能性があります。

それでも、難聴の主な原因は加齢によるものです。蝸牛には、約15,000本の微細な毛があり、脳で処理するために音を電気信号に変換します。 脳の自然な老化と合わせて、これらの微細な毛の機能低下は、難聴の最も一般的な原因の1つとなります。

最も一般的な難聴タイプ
couple and grandkids playing

聴覚を守るために何ができますか?

聴覚を保護することが重要です。 大きな騒音の周りで耳の保護具を着用することは、常に価値があります。

すでに難聴があると思われる場合は、できるだけ早く耳鼻咽喉科医の診断を受けることが重要です。

これは、脳がしばらく聞いていないと、特定の音を聞く方法を現に「忘れ」てしまうからです。

実際に研究では、難聴の治療を受けていない人は、時間とともに認知症を発症する可能性が高いことが示されています。

難聴の治療

販売店検索

あなたに合った補聴器を選び、正確な調整を行う為に聴力測定を行います。補聴器専門家はヘッドホンを使ってあなたがきこえのレベルを確認します。

補聴器専門家はあなたの聞こえのレベルに役立つ補聴器を提案することができます。
販売店検索