難聴への対処

難聴には多くの原因があり、徐々にまたは突然になることがあります。 特定のタイプの難聴は医学的に治療することができますが、治療できないものもあります。 しかし、きこえに障害を持つ人達は技術の恩恵によって対処することができます。

さまざまな種類の難聴治療について以下をお読みください。
 

聴覚補償技術

最も一般的な難聴対処法の1つは、個々の障害に応じた増幅装置を利用することです。 補聴器は、音を聞き取りやすくする一種の増幅装置です。

補聴器専門家は、あなたの難聴の対処法として補聴器を最大限役立てるように協力をしてくれます。

全ての難聴は人それぞれであり、補聴器専門家はあなたのきこえの状態に適した製品の選択と調整を手助けすることができます。

補聴器は難聴の治療法ですか?

補聴器は難聴を治すことはできません。 補聴器で音を増幅することにより、言葉や周りの音を聞き取りやすくします。

初めて補聴器を着ける時は、慣れるまでに数週間かかります。 これは一般的なことですが、補聴器の音に比較的早く慣れる方もいます。
 
聞こえてくる音に慣れてくると、補聴器がより自然に感じます。

リサウンドのバイモーダル装用

バイモーダル装用とは、片耳に人工内耳を、反対耳に補聴器を装着する方法です。
人工内耳で世界的リーダーであるコクレア社と、Smart Hearing Allianceというパートナーシップを結び、スマートバイモーダル装用を開発しました。
更に詳しく

難聴は可能な限り早く治療を

難聴の治療を後回しにすると、家族や友人との会話を逃してしまう可能性があります。 それは孤立した気持ちにつながることさえあります。

研究によると、難聴の治療をできるだけ早く行うことが、認知能力の低下を防ぐのに役立つことが示されています。

難聴があると思われる場合は、耳鼻咽喉科医を受診して、難聴治療の相談をしてください。補聴器の装用を進められた場合は、補聴器専門家にご相談ください。
  
販売店検索