中耳とは?

中耳は外耳と内耳の間の空間で、音の情報を内耳へと送ります。 中耳を見ることはできませんが、飛行機の着陸中に感じたことでしょう。 飛行機が下降すると、鼓膜の両側の気圧が不均衡になり、中耳に短期間の鋭い痛みを引き起こすことがあります。多くの専門家は、飛行機での耳の痛みを避けるために、特別な呼吸法を提案しています。

耳小骨

中耳には、三つの骨 – ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨 - があり、耳小骨として知られています。 これらは人体の中で最も小さい骨です。 中耳のこれらの3つの小さな骨は、内耳の液体に向かって蝸牛窓をたたく、太鼓のバチのような役目をするものです。

耳管

耳管も中耳の一部です。これは喉につながる管で、外の空気と中耳腔内の気圧を均等に調整しています。 そのおかげで、飛行機が降下するときに深く呼吸をしたりガムを噛むと、気圧を均等にして痛みを和らげるのに役立ちます。

中耳と難聴

中耳は通常空気で満たされていますが、耳管が体液でいっぱいになることがあります。すると、外の空気と中耳腔内の気圧を均等にできなくなります。 中耳の痛みは、しばしば咽喉の感染と関連しています。 耳の中の体液は、軽度の一時的な難聴を引き起こす可能性があります。風邪をひいたときにちょっと「詰まった感じ」がするようなものです。

この感染症は抗生物質で治療されることがあります。 感染症を繰り返す場合は、「排液管」として鼓膜に細いチューブを挿入することがあります。 このタイプの管の挿入は、外来手術で多く行われます。排液が自然に外に出せるようになれば、排液管は必要がなくなります。 

難聴の心配がありますか?

まずは耳鼻咽喉科医にご相談ください。補聴器については最寄りの補聴器販売店でご相談いただけます。
販売店検索