耳の構造


耳には外耳、中耳、内耳の3つの区分があります。 3か所のいずれかに問題があると、難聴が発生する可能性があります。

外耳の構造

専門家が外耳と呼ぶものの一部は、耳の外側の目に見える部分です。イヤリングを付けたり耳あてで覆う部分です。 また、鼓膜を含む肉眼では見えない「外耳」の部分もあります。 耳介は皆さんが見る耳の一部で、イヤリングを付ける耳たぶが含まれます。
更に詳しく

中耳の構造

中耳は、見ることができる部分を含む外耳と、脳に音を送る内耳との間の部分です。 中耳を見ることはできませんが、飛行機の着陸中に感じたことがあるかもしれません。 飛行機が下降すると、鼓膜の両側の気圧が不均衡になり、中耳に短期間の鋭い痛みを引き起こすことがあります。 多くの専門家は、飛行機での耳の痛みを避けるために、特別な呼吸法を提案しています。
更に詳しく

内耳の構造

内耳は体の外側からは見えませんが、聴覚における役割は重要です。ここは細胞と神経が音を処理して脳に送る場所です。これらの重要な細胞および神経は年齢と共に劣化するため、多くの加齢性難聴は内耳の障害によって生じます。内耳は私たちの平衡感覚を保つのにも役立ちます。 内耳の構造の最も重要な部分は、蝸牛と聴神経です。 
更に詳しく

耳のしくみ

見えないように設計された筐体

リサウンドの補聴器はすべて快適で、耐久性があり、美しく設計されています。本体は見えないように設計されていますが、ボタンでの調節は分かりやすく、操作が簡単です。
現代の補聴器

難聴について理解することがとても大事です

難聴を理解することは、難聴に対処するための大切な第一歩です。
もし、補聴器の使用を検討されていて疑問に思うことがあれば気軽に専門スタッフに相談してみましょう。

無料相談予約